車の燃費とトラブルのエピソード

車の燃費とトラブルのエピソード

ハイブリッド車の燃費について

 

ホンダのハイブリッドカー、インサイトエクスクルーシブの燃費が高く評価されているようです。

 

ホンダとトヨタを比較されると、シェアの差はあります。

 

これからの時代において燃費以外の点も

 

重要視している現状です。

 

ホンダのインサイトは2009年に搭乗しました。

 

後発のプリウスに売れ行きの大半を取られてしまいました。

 

当時のプリウスとインサイトの燃費を比較すると、歴然でした。

 

その後ホンダからはフィットハイブリッドが登場し、インサイトハイブリッドは消えていくのかと思われていました。

 

そこにインサイトエクスクルーシブが登場したのです。

 

これまでの1.3リットルエンジンに変わって、

 

1.5リットルエンジンを搭載しています。

 

インサイトのエンジンの大きさを変えることによって、どのような変化が生まれるのでしょうか。

 

回転数を抑えることができるため、静穏性が増します。

 

静かなハイブリッドが誕生するのです。

 

もちろん、足回りなどは滑らかになります。

 

燃費も大事ですが、乗り心地を重要視したいと考えている人には大きな魅力となります。

 

逆を言えば、

 

これまでのインサイトの乗り心地が不評だったともいえます。

 

また、内外装のデザインにも変化が見られます。

 

全体的に高級感を持たせていますね。

 

走行性能を向上させて、価格を抑えたままでの高級志向を取り入れたインサイトは新しい車に生まれ変わったのです。

 

ユーザーのニーズがどこにあるのかが大切ですね。

 

メタンハイドレートとは

 

最近シェールオイルと共によく耳にするのがメタンハイドレートです。

 

メタン分子が凍った水の分子の中に閉じ込められたものをメタンハイドレートと呼んでいます。

 

メタンは天然ガスの主成分でメタンハイドレートから取り出せば燃料になると非常に注目されているのです。

 

メタンハイドレートが水深500m以上の低温高圧の海底下に大量にあることがわかりました。

 

水深500mというと大陸の周りに広がる大陸棚のさらに外側。

 

大陸棚の縁に日本はメタンハイドレートが期待できる場所が多くあります。

 

 

採取試験中の静岡から和歌山県沖野東部南海トラフだけで

 

日本の天然ガス使用量の6年分

 

日本全体で100年分という報告もあります。

 

 

メタンハイドレートの課題は、深海にあるメタンハイドレートからの採取技術。

 

日本は海上からメタンハイドレート層までパイプを伸ばし、

 

パイプ内を低圧にしてメタンを分離し、

 

採取する技術を中心に開発が進められています。

 

 

ただ、メタンハイドレート自体を採取するには、大量にエネルギーが必要です。

 

海上のメタンの輸送、深海での作業による環境への影響

 

メタンは2酸化炭素の20倍以上の温暖化効果を持つので、漏れが許されない

 

など課題はまだまだあります。

 

経済的な効果もきたいでき、ガソリンに次ぐ燃料になる可能性もあるので、

 

今後に期待ですね。

 

 

低排気量化でターボ復活

 

VWゴルフは1.2リットルからあり、ボルボの大型ワゴンもシトロエン、プジョーの大きいモデルも1.6リットルです。

 

ジャガーの高級セダンやキャデラックやフォードの大型四駆でも2リットルの4気筒

 

エンジンを可能な限り小さく作り、ターボ、スーパーチャージャーで補う。

 

急速にCO2削減を進めている欧州車から始まった技術トレンドが世界中に広まりつつあります。

 

 

ターボ復活というとなんですが、

 

こんなに車体を小さくして大丈夫なの?とおもわれるかもしれませんが、むしろこんなに走るの!?と驚かされる。

 

エンジンの力を全体に肉付けしたように

 

低い回転域から満遍なく効くのが低排気量ターボ車

 

4リットルもあるV8エンジンからダウンサイジングした大型車の場合、そこまでの音はでないが、代わりにさわやかな走りを見につけている。

 

エンジンは前よりも小さくなったのに走りも燃費もよくなったということです。

 

 

でかい車なのに、ボンネットを開けるとエンジンが小さい。

 

そんな驚きのエコカーに新時代のターボが大きな役割を果たしている。

 

エンジンの排気量をきいただけで、

 

その車の大きさを走りを想像することができなくなり、

 

これはクルマのあたらしい面白さだと思う。

 

クルマも見かけによらないねという時代になったといえそうです。

 

スポーツハイブリッド車 走りが大切な人は

 

車は楽しく走ってナンボというかたもおおいです。

 

ホンダCR-Z

 

BMW Active Hybrid3

 

などですね。

 

電機で動くモーターは同じ質量のエンジンと比べると高出力になります。

 

一定回転数でしか力が出せないエンジンに大使、モーターはそのパワーを出し続けることができるのです。

 

モーターとエンジンを組み合わせたハイブリッド車は、スピードに注目しても、

 

速い車なのです。

 

実際、トヨタはハイブリッドレーシングカーでルーマン24時間やその他のレースに出場しています。

 

ハイブリッドカーの中でも走りを売りにしたモデルが多数出てきていますが

 

マニュアル車は環境を大切にして楽しく走りたい人のモデルと言えます。

 

モーターの力を燃費よりも速さを求めるために利用しているモデルは、走行性能が高い車にターボをつけたイメージでモーターを搭載しています。

 

ハイブリッドシステムを乗せることで車体が重くなった結果、

 

本来の走行性能に影響することも考えられます。

 

実燃費の改善率は低いので、

 

ハイブリッド車であることのメリットが薄くなってしまうことも考えられます。

 

 

値段も高い車が多いですね。

 

 

車を貸して事故と違反が起きた時

 

もし貸した車で事故を起こされたら所有者も責任を負うのでしょうか?

 

物損事故は所有者の従業員が業務中に事故を起こした場合を除き所有者に当該事故発生に関する

 

故意、過失が認められない限り責任は発生しません。

 

人身事故の場合は運行供用者として損害賠償責任が問われてしまいます。

 

 

海外の赴任中にただで貸していたような場合、所有者の支配と利益が失われていると認められるような例外以外は、

 

運行供用者としての責任が初製してしまいます。

 

所有者は事故に関する損害賠責任を問われる可能性がありますので、

 

 

保険に加入しておくことが必要ですね。

 

 

車を貸した相手が、飲酒運転、スピード違反、駐車違反をした場合。

 

当然ですが、運転者が処罰されます。

 

 

飲酒運転似ついては酒気帯びの人とわかって車を貸してしまうと、車の所有者も違反になってしまいます。

 

 

スピード違反の場合、自動車の車検証上の使用者の業務違反があった場合、

 

公安委員会の指導はある場合があります。

 

 

駐車違反では運転者が違反金を納付しないと所有者が納付義務を負うことになるので注意してください。

 

同じ自動車が一定期間に違反を繰り返すと常習違反として自動車の使用が制限されたりします。

 

 

サグ渋滞緩和する方法とは

 

高速渋滞の6割がサグで起きています。

 

今年のお盆も各地で渋滞でしたね

 

渋滞の名所として有名な箇所はたいていサグが原因です

 

サグとはV字のように下り坂から上り坂に変わる場所です

 

上り坂にさしかかった車のわずかな速度低下が後続車に伝わり

 

渋滞発生になってしまいます。

 

穴川インターや花園インター付近はサグで有名ですね。

 

また、秦野中井、宝塚東トンネル付近、福島トンネル付近などもサグがあります。サグ渋滞を防ぐにはいくつかのコツがあります。

 

 

 

1.キープレフト

 

2.適正な車間距離

 

3.道路勾配がかわっても車間時間を増減させない

 

 

これらの対策で25%改善する研究結果が出ています。

 

最近では、車間距離を自動で保つ装置も出てきているとのことで、

 

ACC装着車は高速道路ではオンにする必要があります。

 

道路がこんでくると急ぎたい心理が働くので、追い越し車線にうつる

 

車間距離をちぢめる

 

などしてしまいがち

 

 

渋滞のメカニズムをして適切な運転をすると渋滞解消につながります

 

 

長距離運転には気をつけましょう

 

訪れたことがない場所にいくのは車の醍醐味の一つですね。

 

行ってみたい景色、歴史跡などに行くのは楽しいですよね。

 

大体そのような名所は遠方にあります。

 

距離が遠い分、時間もかかります。

 

ドライバーにとって問題なのが、疲れと眠気です。

 

長距離運転をする前はしっかり休養を取っておきたいですね。

 

2時間運転したら30分休むなどルールを決めて安全に運転したいものです。

 

 

目的地が決まってドライブルートを考える時には途中の休憩を取る場所をあらかじめ決めておくのも一つの方法です。

 

 

休憩場所は景色のいい場所

 

レストランなど情報をいくつか収集しておくといいですね。

 

運転操作自体の技術向上も大切ですが、

 

体調管理や車の準備、、休憩の管理など、

 

 

安全運転の上では大切です。

 

集中力が落ちると眠くなりやすいです。

 

眠くなったらできるだけ仮眠を取りましょう。

 

エアコンは操作のいらないオートモードに。

 

外気導入モードにしておくと外気が入るので眠くなりにくいです。